J・H・S ~広島激闘篇~

広島のアコギ一本激情弾き語り人、ほそだふみあきの情報発信地

お盆週間3

「朕深ク
世界ノ大勢ト帝國ノ現状トニ鑑ミ
非常ノ措置ヲ以テ時局ヲ收拾セムト欲シ
茲ニ忠良ナル爾臣民ニ告ク」

たまに京都の祖父母宅へ顔を出し、祖父と一緒に酒を飲むと、祖父はしばしばこのフレーズを真似て口にする。
「今の時代からすりゃ考えられんやろうけども、それでもあの時代が爺ちゃんの青春やったんや」と。
「青春」という、爽やかで前向きな印象を撒き散らす単語と「戦争」という単語を隣り合わせに並べると、眉をひそめる人々が少なからずいるけれど。
その人たちの心中に渦巻くものもわからないではないけれど、それでも、自分たちの意思とは関わらず「戦争」と「青春」を同時に生きた人々は、俺の祖父だけでなくたくさんいるわけでして。




祖父は戦争には行っていない。
祖父の唇には生まれつき大きな裂傷があり、しかも背が低く、体力にも恵まれていなかった。
「成績優秀・眉目秀麗・容姿端麗」でなければ偉い兵隊さんにはなれなかったんだそうな。
まぁ、他にも色々な事情があったのかもしれないけれどね。

物凄く悔しかったそうな。
本気で兵隊として、日本という国のために死にたかった、と。
だから、自分の努力と関係なく、生まれつきの要素で振るい落とされるのは、全てを否定されたようでどうしようもなく悔しかった、と。
「当時はやっぱりどっか狂っとったかもなぁ」と、祖父はそう話す。笑いながら、酒を飲みながら。
必死だったよ、と。

でも、おかげで、俺はこうして生きている。
こういう言い方をすると祖父には怒られるかもしれないけれど、もし彼が「成績優秀・眉目秀麗・容姿端麗」で、高身長で、体力にも恵まれていたならば。
そのおかげで兵隊さんとして所謂「立派な死」を遂げていたならば。
俺はこうして生きていないわけでして。

だから、ありがとう。
顔もわからぬ曾祖母のあなた。
祖父を「成績優秀・眉目秀麗・容姿端麗」に生んでくれなくて、ありがとう。

我ながらメチャクチャなこと言うなぁ。

moblog_aeed11cf.jpg

とはいえ、人の運命なんて遡って遡って突き詰めていきゃあメチャクチャ以外のナニモノでもないんじゃなかろうか。
たくさんの偶然が幾重にも重なり合って、人っちゅーのは生きておられるわけですね。
っていう、ありがちな結論に行き着くわけですけども。

でも、でもね。
ありがちな結論だから、しばしば軽視されるんですよね。
「親に、彼女に、ダチに、全てに、さんきゅーさんきゅー」っつって。
日本語のヒップホップにしょっちゅう見られる歌詞だけど、あれ、間違ってない。
なんだか軽薄に聞こえなくもないけれど、間違ってない。
そういうのん大事。
つまりはそういうことが言いたかったわけ。
この記念日に。

全てにさんきゅー、あんど、りすぺくと。
スポンサーサイト
  1. 2013/08/15(木) 23:34:05|
  2. 日々雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お盆週間4 | ホーム | お盆週間2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fumin777.blog72.fc2.com/tb.php/2402-230708d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ほそだふみあき

Author:ほそだふみあき
アコギ一本、男1匹、うたうたい。
広島の五日市に在住する33。
力任せのギターで感情だだ漏れの暑くるしいライブをします。
趣味は読書とアイドルマスター。
ニコニコ動画のチェックが日課。

みなさまどうか仲良くしたってください。

CDの通販希望、チケット取り置き等、連絡事項諸々は↓のアドレスまで。
お気軽にどうぞ。

hosoda0711@gmail.com

ライブ動画

2011/05/21 Live@三宮16bit 「それでもあなたと」

ほそだのついったー

TweetsWind

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

RSSリンクの表示