J・H・S ~広島激闘篇~

広島のアコギ一本激情弾き語り人、ほそだふみあきの情報発信地

お盆週間2

思えば父方の親戚は多い。
俺が小学生時分には、正月になれば祖父母宅に大勢の親戚筋が集まったもんだ。
そのたびに無理やりビールを飲まされそうになっていた記憶がある。
俺が恐る恐るグラスを口にして「くっさ!」と叫ぶたびに、場が盛大に盛り上がるもんで、俺も実はまんざらでなかった記憶がある。嫌な子供だな。
母方はそうでもないと思うのだけれど、父方は、特に、もう亡くなった祖父は異様な酒飲みであり、しかも、お世辞にも酒癖が良いとは言えなかった。そして酒で死んだ。

父は3人の姉の後に生まれた唯一の男であり、長男。
よって、古い言い方で表すところの「家の存続」というヤツは父に託されていたわけであり。
突き詰めてその長男である俺、あるいは弟に託されているわけであり。
けれど父は俺に、そして多分弟にも、そういう話をしたことは一切ない。
どんな気持ちだったのかは、父本人にしかわからないけれど。




父の二番目の姉の墓を、俺と初めて訪れた時、「頑張ってワシらの墓、作ろうな」と、父に言われたことがある。
家のこと、冠婚葬祭あらゆることにほとんど口を出さない父が珍しく零した言葉だった。
俺は「そうやね」としか、言えなんだ。
その気持ちの半分も、受け取れているかどうかわからないけれど。
それでも、「そうやね」以外に何と言えば良かったのだろう。
今でもよくわからん。

moblog_f628c5b3.jpg

20代になる前に家を出てはや10年。
親孝行ってなんじゃろなぁ、と考える。
京都の、すなわち母方の祖父母は「たまに電話したり、お盆に顔を見せに帰るだけで十分なのだ」と、言うけれど。
なんだか無意識に、上手いこと阿っているような気持ちになってしまう。
けれども今の暮らしを全部リセットしてしまうことは出来ないのです。
申し訳ないけれど、出来ないのです。

結論は初めから出ているんだ。
でも、それでモヤモヤが晴れるかっつーと、またそうでもない。
出ている結論を頭の奥の方からわざわざ引っ張り出して、また手の中で捏ね繰り回して、毎年難儀やで、お盆。
人は独りではあるけれど、それでも助け合うべき存在は、居る。
スポンサーサイト
  1. 2013/08/14(水) 23:16:46|
  2. 日々雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お盆週間3 | ホーム | お盆週間>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fumin777.blog72.fc2.com/tb.php/2401-0598e5b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ほそだふみあき

Author:ほそだふみあき
アコギ一本、男1匹、うたうたい。
広島出身神戸在住→広島Uターンの32。
神戸のライブハウス、ライブバーを中心に弾き語らせていただいておりました。2016年秋、広島にて活動再開。
趣味は酒と読書とアイドルマスター。
夢はカウンター式の天ぷら屋さんで飲むこと。
ニコニコ動画のチェックが日課。

みなさまどうか仲良くしたってください。

CDの通販希望、チケット取り置き等、連絡事項諸々は↓のアドレスまで。
お気軽にどうぞ。

hosoda0711@gmail.com

ライブ動画

2011/05/21 Live@三宮16bit 「それでもあなたと」

ほそだのついったー

TweetsWind

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

RSSリンクの表示